« 6/4ドラハ | トップページ | カブちゃんHAPPY BIRTHDAY!! »

2005年6月10日 (金)

マカイバリ茶園の紅茶

私はトラ年生まれである。
だからと言う訳ではないが、
トラには何故かとても惹かれる。
動物園で色々な動物を見た時も、
やはり一番美しいと思ったのはトラだった。

学生の時に尋ねられた心理ゲームで、
森に入って一番最初に出会う動物は?と聞かれ、
友人達が鹿だのリスだのと答えているのを聞いて、
思わずウサギと答えた。実は真っ赤なウソ!
本当はトラを想像した(爆)
最初に出会った動物は自分自身であるらしい(^^;
まだちょっとぶりっ子していたい年頃だったので、
ウサギと答えて良かった、とこの時は思った(^^;
しかしこの心理ゲームは間違っている!
どう考えたって美しく高貴で気高く孤高なトラが、
優柔不断で寂しがりな私にあてはまる訳がない。
でも内心ちょっぴりうれしかった(笑)

この頃までは、なんの根拠も理由もなく
漠然と、トラって素敵、と思っていたが、
ある時、トラを意識することになる
1冊の本に出会った。

澁澤龍彦の<高岳親王航海記>。
この本のラストシーンは高岳親王が
虎に静かにその身を与えるのである。
布団の中で涙しながら、夢中になって
徹夜で読んだ。
この大人の為のお伽話に深く感動し、以来、
トラが心の片隅に住む?!様になった(笑)

玉虫厨子に描かれている「捨身飼虎図」も
虎に身を投げるお釈迦様の前世であった
薩タ王子の図だ。この図の事は、
去年国立奈良博物館で見るまで知らなかった。
玉虫厨子には子供の頃からとても興味があり、
この好奇心は単に自分の昆虫趣味からくるものか?
と思っていたが、惹かれる根拠をこの図に見いだす
ことが出来てとても嬉しかった。
単に、玉虫だから〜♪という虫愛づる姫君気分?!
に強力なバックアップが加わったからだ。
玉虫とトラ、つながりは無いが虫好きには
嬉しい発見だった。

虫にまつわるトラ話がもう一つある。
マレーシアのキャメロンハイランドへ昆虫採集に
行った時、昆虫のガイドをしてくれたカリヤンナン
さんから、トラの話を聞いた。
以前はこの辺りにもいたらしいが今はいない。
カリヤンナンさんが指差したもう一つ奥の山
(ジャングル)には今もいると教えてくれた。
でも数は相当少なく、出会う確率はまず
ないとのこと。
でもこの話にとても心ときめいた!!
今自分が見ている密林のどこかにトラがいる!
もし出会えば間違いなく喰われる。その時
自分は高岳親王の様に自ら静かに横たわる
事は、絶対出来ない(^^;卒倒してしまうだろう。
そんな事を直ちに夢想してとってもワクワクした。
こんな夢想も虫がトラを導いてくれたからに
違いない。

さて随分長くなったが、(^_^;
お題になっている<マカイバリ茶園>の紅茶が、
何故トラ話に発展したか、、である。

マカイバリ茶園はインド、ダージリン地方にある、
100%完全無農薬自然農法の茶園だ。
なんでも英国王室に100年以上御用達し
続けているとか。
マカイバリ茶園の面積は東京ドームの515倍!
そしてその6割が原生林に覆われており、
多種多様な野生動物が生息している。
その中にはトラも!いるのだ!!この話を聞いて、
俄然この紅茶のファンになってしまった。
だって、無農薬栽培ってことは、
この紅茶にはトラの何かがあるに違いないのだ〜!

そもそも、この紅茶を知るきっかけは、
小さなアジアの仏像だった。
近所の友人が贔屓にしているこの紅茶を扱う
自然食品屋さんが買い求めたものだ。
この仏像が何なのかを知りたいので、一度kすけと
お店に来てほしいと、友人に誘われて行ったのだ。
そこでお店の人にエリザベス女王が飲んでいる?!
という、非売品の最上級のマカイバリのお茶を
頂き、お話しを聞いたのが始まりだ。
この紅茶は、私が知っている味の紅茶とは全然
違いとてもすっきりした透明感のある上品な味だ。
紅茶に詳しい訳ではないので、正直上記のうんち
くを聞かなければ、そこまで上等なお茶と気がつ
かなかっただろう。でもマカイバリの紅茶は香りも
良いしえぐみが無く、何よりなんとも有難い気分
にさせてくれる所が気に入った。

この紅茶に導いてくれた小さな仏像は紅茶にトラを
潜ませた。そしてこの紅茶を飲んだ私には、
心身共にトラが住んだことになる!?(^O^;

これで、森で最初に出会った動物は、トラ!と
やっと胸を張って言えるようになった(笑)

ところで、私は阪神タイガースファンではない
のであしからず。。。(^o^;

makaibari

|

« 6/4ドラハ | トップページ | カブちゃんHAPPY BIRTHDAY!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

無学なので「魔界針茶園ってナニ?」と、
なにやらマニアックなニオイぷんぷんの
ヘビメタ茶園を思い浮かべてしまいました。
このハナシ面白ーい。
マカイバリ・・・覚えとこ。( ..)φメモメモ

トラか・・・
トラというと、真っ先にタイガーバームを思い浮かべてしまう私。

ねーねーところで玉虫厨子の玉虫って・・・カナブン?

国宝では琵琶が好きです。名前忘れました。(爆)

投稿: いくこ | 2005年6月20日 (月) 09時33分

いくこさん、いらっさ〜いませ!
遊びに来てくれてありがとう!
いくこさんとは、飲食の趣味が合うのかも?(笑)
でも、ワシ激辛はダメなんよ。
マカイバリのお茶はネットで買えるよ〜
良かったら飲んでみて!ちょっとお高いけど。
上品な味で美味しいよ。
しかし、ヘビメタ茶園ってどんなだい?(笑)
>>玉虫厨子の玉虫って・・・カナブン?
うんにゃ、ちゃいます!タマムシですよ。
本物が何匹使われたか知らなしけど、
40年程前に作られたレプリカでは
タマムシをおよそ5300匹程使ったとか!
集めるだけで気が狂いそ〜デス(^^;


投稿: ゆっこ | 2005年6月20日 (月) 18時56分

>しかし、ヘビメタ茶園ってどんなだい?(笑)

パンクで鎖ジャラジャラなヒトが「ファックユー!凸(▼▼メ ギャー!!」とか叫びながら時にはローリングしながらお茶を摘む茶園。


玉虫って、玉の様な色をした虫の総称かと思ってたら、玉虫という種類なのか・・・
でもさ~・・・玉虫厨子って地味な色だよねぇ。
私はやっぱり琵琶の方がハデで好きだな~~~~~~~~。

投稿: いくこ | 2005年6月22日 (水) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107295/4490314

この記事へのトラックバック一覧です: マカイバリ茶園の紅茶:

« 6/4ドラハ | トップページ | カブちゃんHAPPY BIRTHDAY!! »