« ある日、突然に、、 | トップページ | あかとんぼ »

2005年9月 9日 (金)

やっとかめな、マルちゃん

やっと、登場のマルちゃん。
我が家に来て9年目、一番の長老である。

マルちゃんの本名はマルギナータリクガメ。
地中海性リクガメだ。
実は、マルちゃん以外にあと2匹、
地中海性リクガメがいた。
ヘルマンリクガメのヘルマンと
ギリシャリクガメのゲーリープー、
通称プーちゃんだ。

ほぼ同時期に3匹ともゴルフボールくらいの
ベビーでウチにやってきた。
数年経った頃から、一番活発なヘルマンが
プーに頭突きしたり、マウンティングして、
「ハァ〜!」とか吠えたりしていた(--;
どうやら、ヘルマンは♂であるらしい。
しかも、この3匹、同じ地中海性リクガメと
言っても、サルに例えると、チンパンジーと
オランウータンとゴリラを同じオリで飼って
いるようなものらしい(^^;
これは、お互いに相当なストレスだし、
3匹を冬場は別のケージにして、
夏場は庭で放し飼いなので、この狭い箱庭を
3分割せなあかんのか?と頭を抱えていた。
そんな時、近所の黒ラブ友達の家族が、
プーちゃんを飼いたい、と申し出てくれて、
めでたく、プーちゃんは安息の地を
手に入れた。ホッ、、(^^;

しか~し!ヘルマンはターゲットをマルちゃんに!(^^;

この時マルちゃんはヘルマンよりすでに1.5倍以上あった。
にもかかわらず、果敢にマウンティングしようとする。
ものすごく縄張り意識の強いヤツだが、
私たちが行くと、一番に急ぎ足で寄ってくる
可愛い所もある懐っこいカメさんでもあった。
2匹を隔離しかないなぁ〜と、思っていたら、
なんと、今度は姪っ子のはらがほしいというので、
妹に飼ってもらうことにした。
これで、3匹はバラバラになってしまったが、
それぞれのお城が持てて良かったと思っている。

カメはどうやら、孤独が好きらしい。仲間がいないと
淋しかろう、、等という感傷的な感情は無く、
一人でマイペースで暮らすのがどうやら心地良いらしい。
私たちの思いやりは、とっても迷惑だっただろう(^^;

我が家に残ったマルちゃんはその後も成長を続け、
今は甲長26〜7cm。立派になってきた。

マルちゃんのごはんはタンポポやクローバー、
オオバコといった野草が主食だ。
アジ会場となる、河川敷には豊富な食材だし、
北海道は、マルちゃんのごはんがU人グランド
にも一杯あったっけ。いつか、マルちゃんも
ケージに入れてアジに連れていこうかな?(笑)

以前にマルちゃん用リードを、小型犬用の
ハーネスを改良しようと作りかけたまま、
ほかってあるなぁ〜(^^ゞ
ちゃんと作ってみよっと!

MARU

|

« ある日、突然に、、 | トップページ | あかとんぼ »

リクガメのマルちゃん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107295/5853426

この記事へのトラックバック一覧です: やっとかめな、マルちゃん:

« ある日、突然に、、 | トップページ | あかとんぼ »