« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日)

岐阜アジU人練習会

会場は近いといっても、
コンビニタイムを含めると1時間弱。
6時に家を出ようね〜と言いつつ、
紅茶を飲んでいたら6時半出発に。(^^;
ま、ワタシの場合は、予定時刻の30分前に
設定しないと、予定どうりにならないのが常(爆)

さて、今日のコースは手強いに違いない。
六甲セミナーで何度もU人先生が
今度のコースは難しいですから!と
言っていたし。。
カブは1度2度の4走。
りんごは、もう暑いので2度だけの2走。
案の定、1度から結構難しい。
結果
カブー   AG1=1席  AG2=失格
 JP1=完走? JP2失格
りんごーAG2=3席  JP2=失格

難しいコースだったけど、
とっても良いコースで面白かった。
JP2は検分の時点でこりゃダメだ、と
思ったとおり、全く歯が立たず。。
顔洗って出直して来ます、と言う感じ(^^;
今後の練習課題が沢山見つかった。

練習会にもかかわらず、ちゃんと表彰式が
あって、賞品も頂いてしまった。
岐阜アジ名物になりつつある?!
飛騨牛カレー♪これはいつ頂いても
とっても嬉しいな♪
表彰式の時、後ろで、U人先生が
むーちゃをかまっている間中、
先生大好きなりんごが悔しくって、
ずっとウォンウォンと鳴いていた。
先生がりんごに近づいた瞬間飛びついて
「私も遊んでぇ〜〜!」とばかりに
ボディーアタックをしていた(^^;
先生の何が彼女を狂わせるのか?
謎である(笑)

帰りは、まりやんゑびっちゃん○野さんと
焼き肉勝っちゃんへ行き、
肉肉〜!とたらふく食べて、
幸せな1日に幕を閉じたのでありました。

写真は、<犬写真を撮ろう!>のarumochiさん
素敵な写真をありがとうございました〜!


Cub3

そして、何故かずっと
ミーナを見ていたりんご。
ばれんままいつも写真をありがとう!

Lingomina

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

カレー前夜祭

岐阜アジリティークラブ練習会の
U人練習会に参加する六甲名物コンビの
やじさんきたさんが、前日泊まりに来た。

ならば夕食はパリワールさんのカレー!
と決まっている(笑)
カレー前夜祭は今回も盛り上がった!
果敢にもお二人は激辛に挑んで、
見事に返り討ちあった(^o^;
食べる時は上の口から火を噴いて、
翌日は、どうやら下の口から?!火を
噴きそうになったらしい〜〜(ゑびっちゃん談)
ま、スパイスのデトックス効果が
あるっちゅ〜ことで。。。(^^;
しかし、2人は次回激辛はもう頼まない!
と誓っていた(笑)
因におこちゃまな私は中辛チキンマサラ(^^;
kすけは激辛を注文したが、頼んだ
パリワールスペシャルマトンカレーは
辛口までしかできないとのことで、
結果、ラッキーであった(^^;

家へ帰って去年から密かに練習していた?!
フラフープを披露。しかし、しばらくして
いなかったkすけは全く出来ず、
妙なおっさん姿にやじきたさん大爆笑!
kすけは出来ない自分に驚いて躍起になるが、
すればする程、益々可笑しい(爆)
kすけのイメージが崩壊?!したらしい。
(んでも、あんな感じなんだよ、あの人^m^)
若い人は子供の頃学校にあったらしく、
すんなりフラフープをするけど、私達の頃は、
学校に一輪車も無かったし、フラフープも
無かったので、全く感がない。
不必要に腰を動かして非常に変である(^^;
しかーし!、コレ、スゴくウエストと下腹の
腹筋に効くのだよ〜〜
フラフープを買ったのはフィットネス用品売り場
だったしね。

寝る前、天真爛漫に柔軟体操をする人〜
トリミングしたので、
なんだか妙な写真だ〜〜(笑)
相方も一緒に柔軟してたけど、
2人とも体が柔らかい〜うらやましぃ〜〜
Ebicchan_1

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

498!

やっと、DVDプレイヤーがやってきた!
しかもヨンキュッパ!=4980円ナリ〜激安!

以前からDVDが欲しかったけど、
今持っている映画やTVの録画ビデオは、
持っているというだけで全く観ないものばかり
ビデオとDVDと両方使えるものにしようと、
考えるとなんだか、用途が中途半端で、
購買意欲が沸かなかったのだ。
今までは、どうしてもDVDが観たい時は
車のポータブルナビを使っていたけど、
肝心のナビの時に、調子が悪くなる事が
あるので、なるべく自宅での使用は
控えていた。

しかし、そんな事を言っていると、
どんどん時代に取り残されていく(^^;
レンタルビデオ屋はレンタルDVD屋に
様変わりして、新作はDVDばっかだし〜。
それにまりにゃんに借りたハリポタシリーズも
観たい!ということで、再生だけの激安DVDを
買おう!という事に急遽決まり、機種を
選ぶ必要がない、レンタルビデオ?DVD屋の
ツタヤへ昨晩kすけに買いに行ってもらった。

やっとやっと、我が家もDVDの
新作レンタルができる!v(^_^)v

カブちゃんはDVDの新しいリモコンに
早速魅了されて釘付けだった(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

花見の時期は過ぎたけれど、、

食卓の悦びが成立する条件として、
1、ある程度のご馳走
2、美味しいワイン
3、気のあった仲間
4、たっぷりとした時間
この4つをあげたのは、
19世紀の美食家ブリア・サヴァラン。
この条件は時代が変わっても普遍だな〜

16日の日曜日は、この4つの条件が
ピッタリ嵌まった日であった♪
それぞれに当てはめてみると、、

1、ワタシの、毎度味見をしないで
出す料理!(爆)ってのは、置いといて(^▽^ゞ
マンギョウ家はいつも和み系の
痒い所に手が届く気の利いた料理を
持って来てくれる〜♪
今回は絶品豆乳プリン!と
牛タンの薫製とシソ焼酎♪

2、tipo家に超絶品ワイン!!を頂いた♪
このワイン、兎に角ものすごく旨い!!!
香りが全然違うし、味もすご〜く深い。
ラトゥールだからそこらにあるワインとは
格が違う事はわかるけど、こんなにも
美味しいとは!ああ、大人の味を
知ってしまった?!って感じ。(^^;
この味のレベルに慣れたらアカン!と
庶民は戒めたのであった(笑)
そして、ビールと選ぶのに目移り
しそうなケーキも頂た。
ホントに美味しいモノをありがとう!
マンギョウ家&tipo家♪

3、tipo家はご子息アーボーとパパさん、
そしてアインと長老19歳の
アニオ君も来てくれた♪
マンギョウ家からは、只今5ヶ月児!亜○と
亜○ママとおっきー、みよぺる様、
そしてラッキーとヴェル。
人も犬も年齢も多彩な集まりであった

4、たっぷりとした時間ってのは
なかなか難しい。あっという間に
楽しい時間は過ぎて行くもんね。
ホントは花見宴会の予定だったけど、
散り行く花を見送る会、、なんて
風流なもんでもないし、、(^^;

5、これは無いナンバーだけど、
このメンバーにはやっぱ、楽しく語るには
<犬>が不可欠でしょう〜(笑)
もひとつ付け加えるなら<アジバカ>か?(^o^;

いやいや、ホントに楽しかった。
 <だれかを食事に招くということは、
  その人が自分の家にいる間じゅうその
  幸福を引き受けるということである。
ブリア・サヴァラン>

う〜ん、そっかぁ、良い言葉だけど、
ワタシには<幸福を引き受ける>なんて
重すぎる(^^;,逆にいつも<幸福を頂く>
ばっかりだ(^o^;
お喋りと食欲は明日への活力!!
また、美味しいごはんとお酒とお喋りを楽しみませう♪
Latour_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

今頃だけど

2週間前の週末の覚え書きをば、、(爆)
日付改ざんは常でございますが、、
たまには正直にっと、、(^^;

4月8日は六甲へアジちゃりに行って来た。
今回で3回目の開催。
毎回参加者が増えているにもかかわらず
参加者スタッフのチームワークも手際良く、
進行もコース設営もスムースで、
とても楽しい1日が過ごせた。
今回の収益も日本動物遺伝ネットワークへ
寄付をする。収益アップのカギはリトライであ〜る(笑)

ところで、アジの結果を
殆ど覚えていない(^o^;
カブもりんごもノーミスってあったっけ〜?な
内容だったにゃ(^^;ってことで、
翌日9日へ話を進めよう〜!(^▽^ゞ

Ebisufield
アジちゃりの夜は、旅館ゑびす邸に
泊めて頂いた〜♪
アジちゃり後夕食を食べて遅くに
ゑびす邸に到着したため、家族の方に
挨拶が出来ず、そのまま用意されていた
ふっかふかの布団に潜り込んで
爆睡してしまった(^^;
朝起きて、寝間着姿&寝ぼけ顔で、
ゑびす父母に恐縮しつつご挨拶(^^;
その後、午前中だけゑびすフィールドで
練習をさせてもらった。
ぼちぼち準備をしていると、のあ家と
まりやんが到着。アジちゃりのコースの
復習と、東京ブロックのMiaさんのセミナーの
コースをたててもらった。ゑびっちゃんが
吐きそうになった?!と言っていたが(笑)
ワタシには吐きたくても吐く物すら
ナイというものだった(^o^;
kすけカブも、挑んでみたものの、
やっぱり返り討ちにあった?!感じで
また課題が増えたのであった(笑)

この度、マルちゃんが初遠征をした!
アジちゃりでもマルちゃんは色んな犬に
興味を持たれていたけど、
ゑびすフィールドでは、ション君が
釘付けになっていた(笑)
Zionmaru_1

雷もなになに〜?と真剣な顔。
Raizionmaru_1
残念ながら写真がないけど、カノンも密かに
マルちゃんをハーディング?していたし(笑)

Maruebusufield
犬がいなくなってやっと、
タンポポ畑?でくつろぐマルちゃん。
今度は何処へ一緒にいこうかね〜?

ゑびっちゃん、色々お世話になりました
ありがと〜!また寄せてください〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

キリハタ君、戻る

3匹いたキリハタ君のうち、2匹が戻った♪

カエルがきた直後、寝室で1匹を保護し、
何となくまた、ケージに入れて飼っていたのだ。

今日kすけがヤモリについて調べていたところ、
キリハタ君達は普通のヤモリではない事が
わかった。こりゃ大変〜!と思っていたら、
なんと夕方、
「オレ様達はちょっと違うヤモリなのだ、
どーだ、わかったか?」
とでも言いたげに、逃げていたもう1匹が
洗面所にいた!!
すごく、タイムリーな保護だった♪
しかし残る1匹は、1匹じゃ可哀想だし、
春だしと、早まって外に逃がしたので、
もう見つけるのはムリだろう〜(^^;

キリハタ君達は、実はこの辺りにいる
ニホンヤモリではなく、
<タワヤモリ>という
瀬戸内海を囲むように分布、生息
しているヤモリで、多くの県でレッド
データーブックの準絶滅危惧種に
指定されている、ヤモリでは唯一の
日本固有種だったのだ!w(゜O゜)wビックリ!

調べるまで知らなかったけど、
よく見かける、ニホンヤモリはニホンと
名が付いているけど、帰化生物なの
だそうだ。そして、このタワヤモリだけが
日本の固有種で、特殊な生息環境に
依存し、そこが開発・破壊されると
壊滅的な打撃を受けると、書いてあった。
キリハタ君は仕事で預かったものに
くっついて来てしまったわけだが、
仕事先である四国・徳島の現場
には、すごく沢山いるらしい。(kすけ談)
そこは開発されることはない場所なので、
きっとこれからもタワヤモリのパラダイス
であるに違いない。

てな訳で、、
キリハタ君達はこんな名古屋の
はずれで野に放なってはイケナイ種
だったのだ。ああ、1匹放ってしまった、、
すまんことしたなぁ〜(^^;

一刻も早く故郷へ返してあげるには
四国ブロックに行くしかあるまい(笑)
これで、行く理由ができた!(^▽^ゞ

ところで、、
アジチャリの日記を後日アップしますが、、
話題が前後してしまいます、、、(^o^;
あしからずです(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

もういっちょ!

F0076833_17174264

やっぱりこの人すごすぎますよねぇ。制作者は芸大の後輩の女性(美人)です。こんな感じで彼女の周りには木彫の動物がわらわらいます。
いぬだけでなくねこかめかえるとかげくじらさるひひ。。。。
一日みてても飽きないです。
できればりんごもお願いしようと思います。by kすけ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

カブ完成?

Kabu1

現物はカブの1.2倍ほどもある大カブです。
しっかし良くできてるねぇ〜!
ひとまず報告までに。 by kすけ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

春色の新入りが来てしまった

マルちゃんが家の中で放し飼いになって
冬の間に使っていたケージが空き家になった。
kすけは、なんか飼いたくて仕方ない(^^;
そこで、キリハタ君たちをいれてみた。
ところが、ケージが大きすぎて何処にいるのか
さっぱりわからない。
おまけに2匹が脱走してしまった(^o^;;
外は暖かいし、狭いケージよりがキリハタ君達
には幸せだよね。残る1匹も外に逃がしてあげ
ました。

またまた、ケージは空き家に。
そしてkすけはのなんか飼いたい熱が
更にヒートアップ (^^;
夜な夜なのネットリサーチの末?!
ついに、新入りがやって来た。

Flogcage

しかし、ケージの中はこんな具合(爆)
何がいるのかわからない。
ってことで、ケージはベランダへ出す事になった。
やってきたのは、この子。

Flog
ペパーミントベルツノカエル。
小さくて何処にいるのかわかんないな(^^;
名前何にしようかな〜?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

百年を生きる

考えただけでも気が遠くなる。
すごいことだ、あっぱれな人生。

今日は100歳と4ヶ月で天に召された
おばあちゃんのお葬式に行って来た。
明治39年生まれのおばあちゃんは
丙午の生まれなので、<まさを>と
いう男っぽい名前がわざと付いている。
<を>という文字が子供の頃は
とても不思議だったけど、大人になって
からは、案外、粋な名前だなぁと
思える様になった。
92歳で骨粗鬆症になって、動け
無くなってから急に元気が無くなった
けど、それでも100歳まで良く頑張った
と思う。もし、骨粗鬆症になっていなかっ
たら、まだまだ元気だったかも?
生粋の名古屋人だったおばあちゃんの
名古屋弁はピカイチ!?だった(笑)
「〜〜だなも」に始って、
「よぉ〜いりゃ〜たなも」
「〜〜してちょうだゃぁ〜た」等々、
懐かしい響きが記憶に残っている。

最近は寝たきりで、私が行っても
「あんた、どこのどなたさんだったね?」
「ゆっこちゃんだよ〜」というと、しばらくして、
「ああ、ゆっこちゃんきゃ、よぅ来て
ちょうだゃぁ〜た」と、言って涙ぐんでいた(^^;
寂しいけれど、お疲れさまでした。
おばあちゃん、ありがとう。

子供の頃によく聞いた、
おばあちゃん自慢の犬、秋田犬
トスの伝説的な話は、犬に対する
憧れとある種の尊敬を感じながら、
私の中で、忠犬ハチ公並みに
イメージが増幅したものだ(笑)
間違いなく、
私の犬好きはおばあちゃんの
遺伝子が受け継がれたのだと思います(^^;

今日も、りんごとカブそしてマルちゃんは
ファンヒーターの前でまどろんでおります。
おばあちゃんのお別れは冷静でいられたけど、
この子達のお別れは、辛いだろうなぁ〜
でも、看取るまでが飼い主の勤め。
これからも、一杯遊んで、楽しんでいこう!

Marulc

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »